自分で考え、行動する力

投稿日: 更新日:

日頃は当校の教育活動にご理解、ご支援を賜り、
誠にありがとうございます。

中学生は新学年になって最初の定期テストを迎えています。日頃の努力がよい結果につながるよう、一緒に頑張っていきましょう。
勉強の仕方を教えてほしい、学習習慣をつけてほしい、といったご要望の声をたくさん頂きます。学習に向かわせる方向性を示すことが私たちの使命と考えております。効果的な勉強の仕方は人によって様々です。一人ひとりの学力や性格に応じて、最適な学習法をアドバイスさせて頂きます。
一つお願いしたいことは、子どもたち自分自身でも勉強の仕方を考えてほしいということです。ただ言われた通りに勉強するのではなく、常に自分でも工夫し、自分に合う勉強の仕方を自分で見つける意識を持ってほしいです。人任せにしないことが大事です。
例えば、試験前は、どこがテストに出るか、自分でヤマを張ってみましょう。テストに出る問題はどこか、それは塾が考える部分でもあります。しかし、ぜひ自分でもヤマを張ってください。そのために、出題する先生の心理をよく読んでください。そして、友達とどこがテストに出るか意見交換しましょう。一種のゲーム感覚で取り組んでみてください。ヤマを張るのは勉強を楽しむ方法の一つです。結果的に、授業で先生の話をよく聞き、重要なポイントの整理ができ、暗記の効率が高まります。ヤマを張らずに暗記するのは、銃の照準も合わせずにやみくもに発砲するようなものです。
勉強を通じて身につけてほしいのは、学力もさることながら、「自分で考え、行動する力」です。頼りにしていただけるような学習サポート力を強化してまいりますが、大人になったとき、誰かが何とかしてくれると思考停止してしまうような人にはならないように、指示待ち人間にならないように、「自分で考え、行動する力」を養うサポートもしていきたいと思っております。勉強というのは、この自律的な思考力・行動力を身に着ける、とても良い機会だと思います。

平成29年6月
名学館相鉄三ツ境校
塾長 泉 治郎

※名学館通信6月号より

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中