教育投資は高リターン

投稿日: 更新日:

日頃は当校の教育活動にご理解、ご支援を賜り、誠にありがとうございます。

厚労省の発表によれば、日本で働く外国人がこの5年間で6割近く増え100万人を超えたそうです。工場、飲食店、コンビニ、いろいろなところで外国人労働者を見かけるようになりました。労働力不足を解消するためには有効ですが、移民の多いヨーロッパでは若者の失業問題が深刻です。日本は大丈夫でしょうか。さらに、ITの高度化で人間の仕事がなくなるというケースも増えてきます。例えば、自動運転技術により、タクシーやバス、宅配便の運転手が必要なくなるという社会が到来するかもしれません。このほか様々な分野で単純作業や付加価値の低い仕事が外国人やコンピュータにどんどん代替されていく可能性があります。
このような将来を考えると、やはり教育が重要であることをとても痛感します。知識や技能や思考力が必要とされる付加価値の高い仕事に就くか、さもなければ無職(単純作業でも仕事があればまだマシ)、といった究極の2極化が進むかもしれません。
実際、世界の先進国はどこも教育投資に力を入れています。教育投資を増やすと付加価値の高い仕事に就く人が増え、所得が増え、税収が増えるため、教育投資はリターンの高い投資であることが先進国では常識になっています。ですから、各国とも教育無償化などの政策を競うように進めているのです。
勉強したくても教育の環境が整っていない国が世界にはまだまだたくさんあります。日本の子どもたちはとても恵まれています。投資といった場合、お金と時間の2つの側面がありますが、子どもたちには、とにかくたくさん勉強してほしいと思います。どんなに勉強してもしすぎることはありません。勉強にたくさんの時間を投資しましょう。必ず、将来のリターンにつながると思います。

平成29年4月
名学館相鉄三ツ境校
塾長 泉 治郎

※名学館通信4月号より

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中