ますます重要となる英語とIT

投稿日:

 

日頃は当校の教育活動にご理解、ご支援を賜り、誠にありがとうございます。

去る2月14日、文科省より学習指導要領改定案が発表されました。英語教育が小3から始まり小5からは正式教科となること、小学校のプログラミング教育が必修となること、中学校の英語授業が原則英語で行われること、などが明らかになりました。
随分前から英語が重視される傾向でしたが一段とその傾向が強まっています。実際、英語ができる人材の価値は以前にも増して高まっています。一例として、スマートフォンのアプリ開発会社を経営している知人は「英語ができる技術者と英語ができない技術者では給与に倍の差がある」と言っていました。現在のスマートフォンの仕様は全てアメリカの会社が決めていますので英語ができるととても有利で、例えば仕事で困った時に英語で検索するのと日本語で検索するのでは役に立つ情報の量は10倍以上違うそうです。
また、自動車、家電、ロボットなど、通信で繋がりプログラムで動くモノが今後飛躍的に増える見通しで、このような社会変化を背景に小学校からのプログラミング教育必修化が示されました。ソフトバンクの孫正義社長は、今後30年で高度な知能を持つスマートロボットが人類の人口を超えるとまで言っています。
英語もプログラミングも自分には関係ない、それらを必要としない仕事もたくさんある、そう思っている方もいるでしょう。しかし、これらは否が応でも生活にどんどん浸透してきます。分野を問わず仕事にも関わってくると思います。何より、すごくやりたい仕事に出会った時、必要とされる知識がないために諦めることになったとしたらとても残念です。子どもたちには、必ずしもお金持ちになってほしいとは思いませんが、自分の夢をしっかり叶えられるようになっていてほしい。そんな思いで、これからも皆さんの将来をサポートしていきたいと思っています。

 

平成29年3月
名学館相鉄三ツ境校
塾長 泉 治郎

※名学館通信3月号より

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中