最後まで全力を尽くしましょう!

投稿日: 更新日:

日頃は当校の教育活動にご理解、ご支援を賜り、誠にありがとうございます。

先日、大手模試会社の高校入試説明会に参加してきました。内申や偏差値のデータを基に入試傾向を分析したセミナーです。最近は、内申でオール3~4の中堅層においても生徒の挑戦志向が高まっていて、上のランクの高校を目指す傾向にあるとのことでした。その結果、不合格となる生徒が増え、滑り止めの私立高校へ進学するケースが増えたことで私立高校への進学率は10年ぶりに20%を超えました。一方で、定時制や通信制の高校への進学率が下がっています。

私は、もし経済条件等が許されるのであれば「行ける学校に行く」のではなく「行きたい学校に行く」という、不合格になるリスクをとってでも挑戦する姿勢を応援したいと思います。それは、少しでもレベルの高い学校へ行けば進学や就職が有利になるという理由だけではありません。重要なことはチャレンジ精神の醸成です。人は挑戦と失敗を繰り返して能力的にも人間的にも成長していくものです。絶対に失敗しない安全な選択をしてばかりでは、あきらめ癖がつき、才能をストレッチする機会が奪われ、挫折を克服する精神力を養えず、苦しみを乗り越えて得ることができる本当の達成感を経験することはできません。社会に出て仕事をするようになってからも、80%の出来で満足する人と100~110%を目指してやりきる人では、仕事の結果に雲泥の差がつくことがありますし、その後の成長スピードも大きく異なってきます。

勉強だけでなく、スポーツや習い事においても、常に高いレベルを目指し、可能性がある限り最後まであきらめず全力で取り組んでほしいです。10代のころにこの行動習慣を身に着けた人は、大人になってからきっと成功すると思います。

 

私の成功には何の仕掛けもない。ただやるべきことを前にして自分の全力を尽くしただけだ。(アンドリュー・カーネギー、アメリカの鉄鋼王)

 

平成28年11月
名学館相鉄三ツ境校
塾長 泉 治郎

※名学館通信11月号より

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中