勉強への投資とリターン

投稿日: 更新日:

 

日頃は当校の教育活動にご理解、ご支援を賜り、
誠にありがとうございます。

いよいよ夏休みが近づいてきました。夏休みにしかできないことに計画的に取り組みましょう。お薦めしたいのは、ボランティア、海外留学、自主計画旅行、サマーキャンプ、アルバイト、お寺での修行、そして猛勉強!

人生を豊かにするうえで、教育ほど効果の高い投資はないと思います。日々の勉強が大事なことは言うまでもありませんが、受験勉強など特定時期の猛勉強は非常に費用対効果の大きい投資です。短期間でも集中して猛勉強することで、1ランク2ランク上の学校に進むことも可能です。さらにその先の進学や就職において身につけることができる知識・技能や仕事の選択肢の幅が広がることになり、なりたい自分に近づくことができます。1年あるいは数ヶ月でも死ぬ気で勉強すれば、その後50-60年の人生が全くと言っていいほど変わる可能性があるのです。

人生の充実度はお金だけで測ることはできませんが、例えば、高卒と大卒の生涯年収の差は1億円とも言われています。宝クジで1億円が当たる確率は1000万分の1、交通事故で死亡する確率(1万分の1)の1000倍という気が遠くなる低い確率ですが、一時期でも猛勉強すれば高い確率で1億円を手に入れることができるわけです。また、英語力が年収に大きな差をもたらすというデータもあります。ある調査によれば、男性の場合、平均年収は英語ができるかできないかで650万円と851万円の差、女性の場合は214万円と473万円と倍以上の差が出ます(※30-40代のビジネスマン全国平均)。生涯年収に換算すると、これも約1億円の差になります。

お金の話ばかりになってしまいましたが、猛勉強を通じて手に入れる、何よりも価値があるものは、「頑張った!」という経験と自信です。これは、長い人生の中で、幾度となく訪れる苦難に直面した際、それを乗り越える大きな原動力となります。受験生にとっては、とても大変な夏になるかもしれませんが、大変な思いをした分だけ、その後数十年の人生は必ず価値あるものになります。是非、有意義な夏休みを過ごして頂きたいと思います。

平成28年7月
名学館相鉄三ツ境校
塾長 泉 治郎

※名学館通信7月号より

※参考文献:「学力」の経済学(中室牧子)、プレジデントFamily 2008年5月号

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中