進路指導で思うこと

投稿日: 更新日:

 

日頃は当校の教育活動にご理解、ご支援を賜り、誠にありがとうございます。

受験シーズンたけなわです。受験生一人ひとりについて、どこを受験するべきなのか、模試の合格判定はどうか、出願倍率はどうなりそうか、など日々の情報にやきもきする毎日です。

第一志望に合格することが理想ですが、誤解を恐れずに申し上げますと、不合格だったとしても、その後の人生に決してマイナスにはなりません。逆に、その経験がバネになり、(合格した場合の人生と比較することはできませんが)よりよい人生を歩む可能性は十分あります。結果を受け入れ、与えられた環境でまた頑張り続けることが重要です。むしろ合格した人こそ、浮かれることなく努力し続けてほしいと思います。

このように書きますと、進学先の選定や合否は大して重要ではないのか、と思われるかもしれませんが、もちろんそうではありません。子どもの学力を上げることは教育サービスを提供する私どもの大きな役割ですが、子どもの学力や個性を踏まえた上で、その子にとって最適な進路に導いていくこともまた同じくらい重要な役割だと考えています。

大切なお子様の人生に関わる重大な決断に影響を与えますので、どうしても及び腰の進路指導になることがあります。しかし、教育者として、お子様のよき理解者として、保護者やお子様の顔色をうかがうのではなく、お子様の将来を真剣に考え、時には勇気を持って、進学・進路のアドバイスをさせていただきたいと思います。場合によっては、お客様にとっては的外れなご提案を差し上げるかもしれません。その際は寛容なお気持ちで受け止めていただければ幸いでございます。

裏面に記載の通り、外部講師を招いて大学選びと入試制度に関する無料セミナーを実施する予定です。同時に、推薦・AO入試のサポートも強化していきます。また、海外留学を扱う準備も進めています。お子様の将来についてのご相談窓口として地域で最も頼りになる塾を目指し、今後も様々な取り組みをしてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

平成27年2月
名学館相鉄三ツ境校
塾長 泉 治郎

 

 

※名学館通信2月号より

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中