英語が好きになる本『日本人の英語』

投稿日: 更新日:

「日本人の英語」

 

「日本人の英語」(マーク・ピーターセン)という本を読みました。

面白くて知的で、いい本です。

 

 

外国人が書いた本で、日本人がよく使いがちな間違った英語、奇妙な英語を取り上げ、ユーモアを交えながら、正しい英語、洗練された英語を解説しています。

 

 

例えば、

Last night, I ate a chicken in the backyard.

この英語、外国人が聞くとびっくりします。

「昨日、裏庭で鶏を(捕まえて)一羽丸ごと食べた。」

という意味なのです。

 

もし、

Last night, I ate chicken in the backyard.

であれば、

「昨日、裏庭で(バーベキューかなにかの)鶏肉を食べた」

と、全く自然な英文になります。

 

a chicken だと一羽の鶏、chicken だと鶏肉ですね。

a がつくかつかないかだけで、意味が結構異なります。

the も同様に、日本人は本来つけてはいけないところに the をよくつけてしまい、おかしな英語にしてしまっています。

 

 

そのほか、by と with、in と on、out と off  等の使い分け、時制についての英語と日本語の感覚の違い、関係代名詞を使う発想、類似する語句のニュアンスの違い、等とても分かりやすく面白く解説されています。

 

 

 

この本を読み終わる頃には、もっと英語を勉強したくなります。

中学生くらいにはちょっと難しい内容も含まれていますが、講師の方には特におすすめ。

 

 

 

英語の指導に深みが出ること、間違いなし!

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中