高校になって学力に差が出るポイント

投稿日: 更新日:

 

こんばんは!塾長の泉です。

高校になって学力が伸びる子と伸び悩む子。

その差は自分のアタマで考えようとしているかどうか、が1つのポイントになってきます。

 

中学までは公式や解き方のパターンを暗記すれば高得点をとれた数学も、高校になるとなぜそういう解き方をするのかを理解しているかどうかで差が出てきます。

国語も答えを見つけるテクニックを覚えればそこそこ点数がとれましたが、高校になると本をたくさん読んでいる人とそうでない人との差がだんだん出てきます。

 

今日、高2の数学の授業でT先生は、なぜそう解くのかのバックグラウンドを理解すれば数学の暗記が楽になる、と1つの問題の解き方のバックグラウンドの説明にずいぶんと時間をかけて熱を入れて説明していました。

生徒はすっきりした様子で帰っていった。

今日進んだページ数はほんの少しだけど、長い目で見ればきっと理解のスピードは上がったんじゃないだろうか。

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中