適当=いいかげん

投稿日: 更新日:

 

こんにちは!塾長の泉です。

今日、電車の中で中1くらいの男の子とお母さんが国語の読解のプリントを一緒に見直していました。職業柄気になって、耳をダンボのようにし、チラ見しながら会話を聞いていたら・・・

 

男の子「適当じゃないものをすべて選びなさいって書いてあるから(イ)にしたんだよ」

お母さん「(イ)は正しいじゃない。(ア)と(ウ)は文章には書いてないから、(ア)と(ウ)が正解よ」

男の子「適当っていいかげんっていう意味でしょ。だから適当じゃないものを選べっていうことは正しいものを選ぶことなんじゃないの?」



確かに、「適当」っていう言葉を「いいかげん」っていう意味で使いますね。

 

気になったので国語辞典で調べてみた。

 

◇てきとう(適当)の意味

1 ある条件・目的・要求などに、うまくあてはまること。かなっていること。ふさわしいこと。また、そのさま。「工場の建設に―な土地」「この仕事に―する人材」

2 程度などが、ほどよいこと。また、そのさま。「調味料を―に加える」「一日の―な仕事量」

3 やり方などが、いいかげんであること。また、そのさま。悪い意味で用いられる。「客を―にあしらう」「―な返事でごまかす」

 

確かに「いいかげん」っていう意味がありました。

日本語って難しいですね。

 

「適当」っていう言葉を使う時は気を付けましょう。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中