効率的な学習方法

投稿日: 更新日:

 

 

こんにちは!塾長の泉です。

今日はとても良い天気ですね。
Tシャツとハーフパンツで通塾してきた生徒が「先生、暑い」と冷房を要求。
今年初めての冷房稼働となりました。

 

さて、先日「1万時間勉強するより効果的な学習方法とは?」という記事を読みました。
http://gigazine.net/news/20140423-ditch-the-10000-hour-rule/

一夜漬けに代表される集中型学習よりも、一定期間を置いて学習する間隔型学習や、いろんな分野の交互的学習のほうが学習効率が高い、という内容。

 

集中型学習は短期で一気に覚えますが忘れるのも早いそうです。一方、間隔型学習は少し忘れた後に知識を検索し直すことで記憶を統合・強化する効果があり、長期記憶の中に知識が埋め込まれます。

また、分野やタイプの異なる問題を、あちこちと、交互に学習する交互的学習も集中型学習よりも効果があるそうです。脳の幅広い領域を活性化させることがよい、とのこと。

 

ポイントは、「間隔を空ける」「いろいろな分野を組み合わせて学習する」ということ。

テスト前だけではなく普段からコツコツと、飽きたら次々に科目や問題を替えて、勉強しましょう!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中