コーチの語源

投稿日: 更新日:

コーチングマネジメント

 

こんばんは!塾長の泉です。


昨日ブログで紹介した「コーチングマネジメント」によれば、コーチ(COACH)という言葉が登場したのは1500年代で、もともとは「馬車」を指していたそうです。

そこから新たに「大切な人を現地まで送り届ける」という意味が生まれました。

1840年代にはイギリスのオックスフォード大学で学生の受験を指導する個人教師のことを「コーチ」と呼んでいます。




「わかりません」を「わかった!」にするのはティーチング。

コーチングはさらにその先。

先生はティーチャーですが名学館の講師はコーチ。

愛情個別で、大切な人を希望の場所まで送り届けます。

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中